アドセンス投稿記事上部

スポンサードリンク

 

11月10日の振り返りと11日のトレード戦略

投稿日:

おはようございます。kalingonです。

米大統領がトランプ氏に決定しましたが、選挙前の大方の「有識者」の予測は「クリントン有利」でした。にもかかわらず「有識者」たちはしれっとして米大統領選の解説をしています。逆にトランプ勝利を予測していた人は鬼の首を取ったがごとくの勢いで一般の「有識者」を批判しています。

「米メディアの発表する数字を鵜呑みにしすぎだ」とか「かくれトランプ支持者を見抜けなかった」とかあげくは「厚顔無恥」とか「猛省すべき」とかぼろくそです。たしかにそれで飯を食っているのに予測を外してなんの反省もない「有識者」もどうかと思いますが、この方トランプ氏よりもクリントン氏の方が総得票数は多かったという事実を知っておられるのでしょうか?総得票数はわずかですがクリントン氏の方が多かったのに米国の法律で決められている「勝利した州の選挙人を総取りする」という仕組みによってトランプ氏は勝利したのです。

つまり純粋な多数決ではクリントン氏が勝っていたのですが、この方はそこまで微妙なところを読み切ってトランプ勝利を予測されたとは到底思えないのです。まあ「勝てば官軍」は評論家の世界でも選挙でも同じことではありますが。いちばんおもしろかった後付け解説は木村太郎氏の「順番」ですね。米大統領選はいつも「共和党」と「民主党」の対決になるのですが、ほとんどの場合続けて同じ党から当選することはなく順番に交代しているというわけです。さすがNHK出身の人気ニュースキャスター!理論の深さが違います! ( ̄ω ̄;)

 

11月10日の振り返りと11日のトレード戦略

 
10日は予定通り様子見です。

トランプ優勢で大きく下落したドル円が何故また大きく上昇してきたのか、納得いく説明はわかりませんが、トランプ氏の勝利宣言演説で表明した経済政策が予想に反して経済活性化につながるものだったので好感されて上昇したというのがいちばんもっともらしいです。

ただしその程度の根拠ではトレンドが出てどんどん上昇していくとは判断できませんし、しかも現状のドル円はちょうど日足の目線転換ラインで止められていますので抜けるか落とされるか、決着がつくまでは様子見したいと思います。足型からすればラインを上抜けそうな気がしますが、今日は金曜日ということもありますので慎重に行きたいと思います。

 
161111usdjpy1d

 
 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

アドセンス投稿記事下部

 

スポンサードリンク




-昨日の振り返りと本日のトレード戦略
-, , ,

Copyright© kalingonのFXで稼ぐ聖杯探し ~Second Season~ , 2017 AllRights Reserved.