アドセンス投稿記事上部

スポンサードリンク

 

5月4週目の振り返り

投稿日:

おはようございます。kalingonです。

最近はちょうどいい暑さで気持ちいい日々が続いてますね。これ以上暑くならなけりゃいいのに。。。

さて5月4週目の振り返りをしていきたいと思います。ずいぶん更新をサボってますが今日はその分詳しく書こうと思います。

 

環境認識

 

ドル円は5月前半で日足レベルの大きなフラッグを一旦上抜けたのですが、トランプ大統領の弾劾問題でフラッグ内に戻されましたね。その後再上昇して来たのでフラッグ上限で反発するところを狙っていました。

 

 

下図は4Hですがフラッグ上限で反発して111.483を割り込むとダブルトップが完成するので110.860あたりまでは下がる可能性が高いと考えていました

 

 

エントリー

 

水曜日NYで再度フラッグのチャネルラインを上抜けてきましたが木曜日早朝のFOMC議事録公開で戻され再度大きく下げました。翌朝木曜8時頃にFOMCの余波の戻り売りを狙ってエントリーしたのですが(赤丸)、すぐ下に4HのMA20(紫の階段状ライン)があり、9時の動きも上のようだったので薄利で逃げました。

木曜日再度チャネル上限を何度かトライしたあと金曜日の東京で1HのMA20タッチから下落し始めました(紺色のライン)。

東京市場では4HのMA20は下抜いていったのですがまだダブルトップのネックライン(赤矢印のライン111.483)は抜いていないので紫丸の戻りでは様子を見ていました。

その後14時頃にネックラインも割り込んだので戻ってきたところをを全力で売りました。

 

 

タイミング

 

タイミング的には15時過ぎの足が5Mの20MAと、サポレジ転換したネックライン(紫のライン)にタッチしたところでエントリーしました。なぜ5分足かといいますと東京での下落の角度(勢い)が5分足のMA20にほぼ沿っていたからです。

しばらく揉んでいましたがそのうち勢い良く下げました。欧州市場の始まりは東京市場の動きと逆の動きをする事が多いのですが、これほど下落の条件が揃っていて勢いが出ていると欧州勢も逆らえないようです。

利確は次の大きなサポートラインである火曜日安値(緑のライン110.860)の手前で一旦は戻されるだろうと考え全決済しました(紺丸)。50P獲得

 

 

一旦戻ったあとさらに下落する可能性もありましたがこの日は金曜日なので週またぎはできないことや、このあとアメリカのGDP発表などがありましたので長くは持てないと思っていたので早めにターゲットに到達して良かったです。

ただしGDP発表はFOMCや雇用統計ほどではありませんがそこそこ注目される経済指標ですので、方向がそれまでと同じ(指標が悪い)であればさらに大きく下落する可能性が高いので、その場合はスキャルピングでさらに狙っていくつもりでしたが結果は良かったので一旦大きく上昇しました。結果勢いが止まってしまったのでスキャルピングはあきらめました。

 
 
 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

アドセンス投稿記事下部

 

スポンサードリンク




-昨日の振り返りと本日のトレード戦略
-, , , , ,

Copyright© kalingonのFXで稼ぐ聖杯探し ~Second Season~ , 2017 AllRights Reserved.