http://lp.tradinggym.net/post_lp/movie/

1月22日~26日の振り返りとN理論

投稿日:

おはようございます。kalingonです。
先週のトレードの振り返りです。N理論を使ってトレードしています。

 

 

環境認識

 

週足では三角持ち合いを下抜けてきました。

 

 

日足の108.13~114.38のレンジで上限から大きなダブルトップ(黄緑のライン)を作ってそのネックライン(紫の斜めのライン)を割り込むのを狙っていました。

 

 

執行足

 

111.00の目立つ安値を割り込んだ後、先週末から今週頭にかけて一旦調整が入っていました。火曜の欧州市場で第2波の切り上げ線を割り込んできたところ(ピンク丸)が第3波の始まりでベストなエントリーポイントでしたが、この時はチャートを見れず逃してしまいました。

次のエントリーポイントとして日足のネックライン(紫の斜下のライン)を割り込んだところの戻りを狙っていたところ水曜日の東京市場でエントリーできました。

N理論で見ると黄緑の値幅が等しくなるので、ほぼ日足レンジの下限(108.137)付近までは下落すると予想しましたが、週足の三角持ち合いの切り上げライン(茶色の斜め上のライン)が意識される可能性があると考えたので、そのすぐ手前で100Pで利確しました。(夜中に指値決済)

 

 

タイミング

 

ネックライン(紫の斜め下の線)を割り込んでサポレジ転換と同時に20MAでほぼサポートされた緑丸で売りエントリー。切り上げ線手前(青丸)で指値決済。

その後トランプ大統領のドル高発言で一旦上昇しましたが結局レンジ下限付近のN値まで下落しました。

一度調整が入ってももう一度N値達成を目指すだろうとは思っていたのですが、上手くタイミングが合わずエントリーできませんでした。

しかしチャートパターンやN理論は大きな足(4時間足以上)できれいなトレンド(かたち)が出ている時はとくに有効になりますのでみなさんもぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

-昨日の振り返りと本日のトレード戦略
-, , , , ,

Copyright© kalingonの正しいFXのやり方と必勝法探し ~Second Season~ , 2018 AllRights Reserved.