http://lp.tradinggym.net/post_lp/movie/

11月前半の振り返りと今週のトレード戦略

投稿日:

おはようございます、kalingonです。

久しぶりにトレードの振り返りと今週のトレード戦略を書いてみようと思います。

 

先週のトレードの振り返り

 

11月はここまでユーロドルで一回損切りになり、ドル円で一回利確しています。

まずユーロドルですが、環境認識としては日足は下降トレンド中ですが週足で見ると、2015年~2016年のレンジ上限(オレンジのライン付近)で一旦反発しており再度反発する可能性は高いでしょう。

4時間足の下降レンドライン(紫の右下斜め線)を上抜け、下降トレンドラインと上昇トレンドライン(紫の右上斜め線)との交点付近に戻ってきたところ(緑丸)からの押し目買いを狙いました。

 

 

欧州市場開始時間帯、トレンドラインにほぼタッチしたハンマー(長い下ひげの陽線)が4時間足の20MAに支えられて確定した次の足で買いエントリー。直近高値(1.1500)手前に指値、ハンマーの下あたりに逆指値で約60Pを狙いましたが、日足の20MAを超えられず損切りになりました。

 

 

次にドル円ですが、日足は上昇トレンド中ですが上昇トレンドが長く続き、エリオット的にも第5波とも考えられるのでそろそろ大きな調整波が出てもおかしくない状況です。

 

 

トレンドライン(紫の右上斜め線)割れから113.00か、112.679の最後の押し安値手前までを狙いました。

 

 

水曜日のNy時間にトレンドラインを割り込み、翌木曜日の東京時間にトレンドライン上で上ひげが確定した足で売りエントリーしました。本来は1Hや4HのMAが下りてくるのを待つべきでタイミングが少し早いのは承知していたのですがそのまま落ちることもありますし、またあとのタイミングではエントリーできない(チャート見れない)可能性も高かったので、赤丸のあたりに損切りを置いて入り直すつもりで一旦エントリーしました。紫三角で(日足MAタッチで)一旦利確する予定だったのですが、タイミングが合わず利確しそこねたこともあり、またトレンドラインへのリテストと4Hの20MAがタイミングが合いそうだった(オレンジ三角)ので黄緑のN波動をイメージしてそのまま保有しました。結果的に黄緑のN値をほぼ取ることになり+80Pとなりましたが、ベストは緑丸から紫三角で一旦利確し、再度オレンジ三角から青丸まで取ることでした。

 

 

今週のトレード戦略

 

ドル円は高値を更新せずにこのまま下落すると日足レベルでの大きな調整波になる可能性が高く、日足のトレンドラインも割り込んでくる可能性もあると思います。

しかし一方でまだ最後の押し安値(111.676付近)は割り込んでおらず上昇トレンドは継続中であり、4時間足でも今現在もんでいるあたりは10月26日からの上昇のフィボ50%~61.8%付近にあたるので大きな押し目買いが入ってくる可能性もあります。

なので112.679を、明確に割り込めば売りで日足トレンドライン下限か場合によってはそれ以下も狙っていく、112.679で反発してしばらく揉んでから日足の20MAも上抜けてくれば買いで直近高値付近を狙っていくのがいいと思います。

 

 

ユーロドルもやはり下降トレンドの成熟期に入っていると思えますので、再度週足レンジ上限での反発を狙いますが、4時間足でのトレンドライン上限が近いのでそれを明確に上抜けてリテストが入ったところから買いで狙っていきたいです。

 

 

ユーロドルはドル円下、ユーロドル上の股裂きになってますので美味しくないですね。

 

 

 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

-昨日の振り返りと本日のトレード戦略

Copyright© kalingonの正しいFXのやり方と必勝法探し ~Second Season~ , 2018 AllRights Reserved.