国の借金と個人の借金

投稿日:

おはようございます。kalingonです。

今日は久しぶりに経済ネタを書きます。

いまだに日本の借金が1200兆円あって一人頭にすると800万円以上になって。。。なんてことを本気で信じてる方が少なからずおられるようなのですが、前に ~First Season~ で書きましたように、1200兆円の国債はほとんど日本人が円で持っており、国民が政府に貸しているものです。また政府はお金を刷ってそれを返済することができ、実際に黒田日銀の国債買い取り(お金を印刷してそのお金で買ったわけではありませんが、金融機関の日銀口座残高を増やすという形で買い取ってます。これはお金を印刷するのと同じことです。)により、ここ数年で国債は約400兆円減っています。つまり1200兆円の負債はあっという間に800兆円に減ってしまったのです。

日銀が買い取った国債は政府の債務であり貸してるのは日銀です。そして日銀は政府の子会社です。これは子会社も同然とかいうあいまいなことではなく実際に日銀の株式の過半数を政府が保有しており(当たり前ですが)名実ともに子会社なんです。そして子会社の債権と親会社の債務は連結決算では相殺されますので借金はチャラです。ただし国債が消えてなくなったわけではありませんので親会社の政府は子会社の日銀に利息は払っています。しかしその利息も結局国庫に入ります。つまり実質的には消えてなくなったのと同じなのです。

要するに政府は国債という借金をお金を刷って返すということを実際にやっているのです。これはまぎれもない事実です。にもかかわらずいまだに「国が財政破たんするかもしれない」「だから増税やむなし」なんてことを言ってる人が、〇〇大学名誉教授とか国会議員の中にすらいるんです。恐ろしい話です。

国会議員や御用学者たちにそのような嘘をつかせているのは財務省の官僚ですが、彼らは対外的にはまったく正反対のことを言っています。日本国債の格付けを引き下げた海外の格付け会社あてに「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。」という主旨の意見書を送っているのです。信じられない人は下記のリンクを見てください。

 
外国格付け会社宛意見書要旨

 
なんともあきれてものが言えませんがまあ確かに財務省のホームページには「日本は破綻する」とは書いてありませんね。 ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

 

政府の借金と個人の借金は別物

 

通貨発行権を持っている日本国政府はいざとなればお金を印刷して返すことができますし、また本来は返す必要もないのです。なぜ返す必要がないか。個人はいつか死ぬことが前提ですから借金は死ぬまでには返さないといけないし死ぬまでに返せない借金は基本的にできません。でも国は基本的になくならないのが前提ですから返さなくてよいのです。政権は交代しても日本国政府がなくなることは基本的にはありません。もちろん核戦争が勃発したり、大地震で日本沈没とかしたら別ですが。<σ(^_^;)/p>

もちろん個々の国債の償還は行われますが、利息さえ払っていれば全体的に返済しないといけないということはないのです。例えば銀行預金を考えてみてください。銀行預金は預金者から見れば債権ですし、銀行から見れば債務、つまり借金なのです。銀行に「預ける」と言いますが違います。銀行に貸しているのです。その証拠にわずかですが利息をくれるでしょう? 

スポンサードリンク

つまり銀行は多額の借金を国民からしているわけですが、これをいつかは返さなくてはいけない。。。大変だ。。。なんて考える人はいますか? もちろん個々に払い戻し(返済)請求したら返してくれますが、すべての預金を返済してしまったら銀行は商売ができなくなって倒産してしまいます。

政府も同じです。政府は税金や国債という形で国民全体から資金を集めて国民全体の利益になるような政治をしたり、国民全体が経済的に豊かになるような経済政策を行うのが役目なのです。個人や一般の企業なら負債を減らし資産を大きくすることを目的としますが、政府の目的は赤字を減らすことではなく黒字を増やすことでもなく、国民を豊かにすることのなのです。

だからたとえ大きな負債があっても経済がよくなるのであればさらに国債を発行して、やらねばならない、正しい経済政策をとらねばならないのです。それが本来の目的だからです。もちろんそのことでほんとうに国が破綻するのなら話は別ですが、あっという間に消えてなくなった国債を再度発行して正しい財政出動をすれば何の問題もないのです。

財政出動と金融緩和というデフレ期の正しい経済対策さえ行っていけばデフレは脱出でき、景気はよくなります。そうなると企業収益も増え、消費税増税などしなくても税収が増えてきます。そうなれば政府の借金など自然に返せることにもなるんです。まあ返すとするならばですが。

 

日本の将来

 

数年前までは私がこのように日本の将来を憂うようなことになるとは夢にも思っていませんでした。みんなが読んでる新聞を読み、みんなが見ているテレビのニュースを見、なんとなく日本はこのまま何事もなくあり続けるのだろうと考えていました。いやなにも考えてなかったという方が正しいでしょう。

しかし、三橋貴明さんとのネット上の出会いから、日本の社会で(海外はおそらくもっとひどいでしょうが)どれほどの嘘がまかり通っているか、お偉いさんの言うことがどれほどあてにならないか、「保育園落ちた、日本しね」を流行語大賞にするマスコミと国会議員のレベルの低さ、何もかもが見えてくるたびに、政治になんて何の興味もなかった私が、「いやいやここまでひどい日本を自分の子供に残すわけにはいかんでしょう」と否が応でも思わざるを得ないようになってきました。

知らなければいまだに「カンケイねーよ」だったと思います。だからこそ発信し続けます。みなさん、手遅れにならないうちに気づきましょう、私たちの子供のために。

どうしても日本が破綻しないことを納得できない方は、元総理大臣で現副総理の麻生太郎さんの動画を見てください。

 

 
 
マスコミの偏向報道に対する怒りをぶちまける経済学者の上念司さんの動画です。わかりやすいです。
 

 
 

スポンサードリンク

 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

-よくわかる経済のお話し
-, , ,

Copyright© kalingonのFXで稼ぐ聖杯探し ~Second Season~ , 2017 AllRights Reserved.