相場の本質の理解

投稿日:

みなさんこんにちは。kalingonです。
今回は相場の本質の理解というお話をします。

またあの怪獣がわけのわからんこと言ってるわ、と思われる向きもあるかと思いますが、できるだけわかりやすく書きますので、なんとかお付き合いください。

 


 

1.相場の本質とは

 
もちろんあくまで私の個人的な意見ですが、相場の本質とは買いたい人と売りたい人がいて、買いたい人の資金総額が多ければレートは上昇し、売りたい人の資金総額が多ければレートは下落する。両者が拮抗していればレンジになる。これだけだと思います。

そして「相場で勝つということの本質」は「優位性を利益に変える」ことだと思っています。
 

2.テクニカル分析などの目的

 
しかし、この単純なことを理解することがなかなか容易ではありません。単純なことを理解するためには多くの複雑なことを理解していかなければなりません。

テクニカル分析、ファンダメンタル分析、過去検証、これらはすべて本質を理解するために有効なことだと考えています。

テクニカル分析はチャートを数学的にあるいは幾何学的に分析することによって、またファンダメンタル分析は各国の金融政策や国際政治の動向から相場の優位性を見出そうとします。

過去検証は過去のデータを調べることによって、未来も同じようになる可能性が高いという優位性を利用します。(ある意味テクニカル分析の一つと言えると思いますが。)

検証は手法の信頼性を高めるために行うという意味もありますが、手法の確立を通して相場の本質に対する理解を深める手段の一つでもあると考えています。
 

3.特定の分析を追求し続ける

 
これらの分析方法は、どれを選ぶかは人それぞれで自分にあった方法を選ぶのがベストだと思います。それぞれの分析方法のなかでベストなやり方はあると思いますが、その分析方法でないといけないということはないと思います。

たとえば私は過去検証はしますが、あまりきっちっりと期間を決めて結果をエクセルに落として分析するというやり方はしません。デモやFT2(検証ソフト)などである程度やってみてこの手法は使えるという確信が持てるようになればOKとしています。やる期間もその時によってまちまちです。あまり長期間やって結果がよかったからと言って今後も同じようになるとは思えないのです。

それよりもローソク足の形や水平線、トレンドラインなどの値動きに直接関係の深いテクニカルを使って相場参加者の思惑を推測するほうが優位性を見出しやすいと思うのです。しかしこれは考え方の違いですのでどちらがいいとかではありません。高い山に登るにあたっていろんな登山道があるのと同じことです。どこから登っても「相場の本質」という頂上を目指すことはできます。

しかし、当然のことながら一旦ルートを決めたら頂上につくまではその道を進み続けなければなりません。ちょっと登っては戻って違う道を進んでみたりしていたらいつまでたっても頂上にはたどり着けません。

まあ登山の場合はいろんな道を同時に昇ることはできませんが、相場の場合は簡単にいろんなことができるため、「最善の方法」を求め、結果的にすべてが中途半端になってしまうことが多いのです。
 

4.具体から抽象へ

 
そして一つの有効な分析をとことん突き詰めるためには、「なぜ」を問い続けることが必要だと思います。なぜこういうチャートパターンではこういう値動きになることが多いのか?なぜ金融緩和をするとその通貨は売られることが多いのか?なぜこの時間帯は大きく値が動くことが多いのか?

等々、理由を考えることが深掘りにつながります。もちろん相場を動かしているのはあくまで人間ですから考えても意味が無いこともあるでしょう。しかし多くの場合、人間はなんらかの理由があって行動しています。

その理由を考えることによって人間の集合意識の結果である相場の本質を理解することにつながるのではないでしょうか。
 

 

5.抽象から具体的事象の再理解へ

 
そして一つの道を進み続けて抽象という頂上にたどり着いた時、いままで見えなかったものが見えてきます。あたかも山頂から見下ろせば、山麓からはなかなかわからなかった頂上へのルートが一目で見えたりします。それも登ってきた道以外のルートさえ見えてきます。

「ああなんだそういうことだったんだ!」といった具合に視界が広がります。そしてそのことがさらなる本質の理解につながり、隣のさらに高い山の山頂を目指すこともできるようになります。

私もまだまだ山頂には到達できていませんが中腹程度には来ることができたかもしれませんので、まだ麓におられる方に「あ、その道は行き止まりですよ」というアドバイスは多少出来るようになって来たかなというところです。

みなさんぜひ「なぜ」を問い続けてください。

 

 
 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

-FXで勝つということ
-, , ,

Copyright© kalingonのFXで稼ぐ聖杯探し ~Second Season~ , 2017 AllRights Reserved.