http://lp.tradinggym.net/post_lp/movie/

レバレッジのお話

投稿日:

おはようございます、kalingonです。
今日はレバレッジについてお話をしてみたいと思います。

ベテラントレーダーにとっては「そんなの知ってるよ」って話かもしれませんが、意外と正確にご存じない方もおられるのではないでしょうか。

 

 

最近金融庁がレバレッジ規制を引き下げることを検討しているようですが、これが実現すると日本国内の証券会社でのトレードは従来までは最大25倍だったのが最大10倍になってしまうようです。

まだ確定したわけではありませんが、もうしこうなると実際に私達が行うトレードにどのような影響が出るのでしょうか?

そのまえにそもそもレバレッジとは何でしょうか?

 

レバレッジて何?

 

もともとレバレッジとは「てこ(レバー、lever)の作用」という意味だそうですが、てこを使うと重いものでも簡単に動かすことができます。

そこからFXでは少ない資金で大きなロットの取引ができることを言います。では具体的にはどういう仕組みになるのでしょうか。

通常ドル円を10,000通貨買うということは10,000ドルを円で買うわけですから、
10,000×100円=100万円(便宜上ドル円レートを100円とします)のお金が要るわけです。

ところがレバレッジが25倍の場合は
100万円÷25=4万円 の資金で10,000ドルを買うことが出来るのです。

しかしレバレッジが10倍の場合だと
100万円÷10=10万円 の資金が要ります。

つまりレバレッジが25倍から10倍に引き下げられると同じ10,000ドルの取引をするのに2.5倍の資金が必要になるということです。

逆に言えば4万円の資金(証拠金)でいままでだと最大10,000円の取引ができていたのに、これからは最大4,000ドルの取引までしかできなくなるということです。

これだと当然ながら資金量の少ないトレーダーは不利になり、資金を増やすことをあきらめざるを得ないケースが多くなります。

 

ハイレバレッジは危険だと言われるけどそうなの?

 

レバレッジが高いと少ない資金で大きなロット(売買する通貨数)を扱うことが出来るので資金を増やすのには有利だと言いましたが、逆に負けた時の損失も大きく出てしまうわけです。

10万円の資金があったとしてレバレッジが10倍だとドル円で最大10,000ドルの取引ができます。この取引で10Pの利益が出たら+1,000円ですが逆に10Pの損失が出たら-1,000円です。

同じ10万円の資金でレバレッジが25倍だと最大25,000ドルの取引ができ、その取引で10Pの利益が出たら+2,500円ですが逆に10Pの損失が出れば-2,500です。

このへんならまだましですが、海外口座などでレバレッジ888倍とかになると10万円で最大なんと88.8万ドルの取引ができます。この取引では10Pの利益で88,000円の利益が出ますが、損失も10Pで-88,000円です。1回の損切りで資金がほとんどなくなってしまいます。

これがハイレバレッジの怖さです。

 

ハイレバレッジのメリット

 

それではハイレバレッジにするメリットはどこにあるのでしょうか。

 

必要証拠金は保証金

 

そもそも1万ドルを10万円とか4万円とかで買えるのは何故なのでしょうか?

これは実は1万ドルを買い取っているのではないのです。その証拠に「私の買った1万ドル、持って帰るから渡してくれ」と証券会社にいっても渡してもらえません。

なぜならこれは1万ドルそのものを買っているのではなく「1万ドルをトレードする権利」を買っているからです。

同時に1万ドルを買った10万円とか4万円は、その1万ドルをトレードする時に出る可能性のある損失に対する保証金(実際「証拠金」と言います)にもなるわけです。

 

ロスカット

 

1万ドルをレバレッジ25倍つまり4万円で買った後、レートが下がり含み損が出たとします。

この含み損が大きくなり、口座の有効証拠金(含み損などを引いた残高)の必要証拠金(4万円)に対する割合が限界を下回った時(平たく言えば含み損が多くなりすぎた時)、そのポジションは強制的に反対売買され、決済されます。

これは言わば含み損(借金)が増え、証拠金(保証金)の割合が不足したために強制的に行われる「ロスカット」です。自分でする「損切り」とはまた違います。

このロスカットされる限界値は必要証拠金(4万円)の100%~20%くらいの範囲で証券会社によって変わりますが、この割合は低いほうがロスカットになりにくいわけです。

 

ハイレバレッジの方がロスカットになりにくい

 

もともと低いレバレッジで取引する場合はほとんど問題になりませんが、少ない資金をある程度急速に増やすなら、海外口座等でハイレバレッジの取引をするしかありません。(これは決してお勧めはしませんが)この場合レバレッジが高いほうがロスカットになりにくいのです。

例えば

口座資金が5万円で200倍のレバレッジだと1万ドルの必要証拠金が5,000円なので最大10万ドルまで取引できます。

仮に10万ドルで取引した場合必要証拠金は50,000円でロスカットポイントは20%(海外口座は20%が多い)だと10,000円なので40,000円の含み損(-40P)でロスカットされます。

また、この場合一度でも損切りをして損失が確定すると次のポジションはとれなくなります。(口座資金が必要証拠金の50,000円を割り込むので)

しかしXMなどの888倍のレバレッジだと10万ドルの取引でも証拠金は約11,261円で、ロスカットは2,252円を割り込んだときで(-47.74P)まで許容できます。また-10Pの損切りも4回連続まで可能です。(下図参照)

 

 

つまりレバレッジが高いからといって目一杯ロットを上げてしまうとリスクが上がり過ぎて危険ですが、同じ資金で同じロットで取引する場合はハイレバレッジのほうが保証金が少なくて済むので資金的に余裕が生まれるのです。

 

今後のFX業界

 

レバレッジが大きいと資金的な余裕が生まれるということは逆に言えば資金の大部分を失うまで取引ができる(やってしまう)可能性もあるわけで必ずしもいい結果につながるとは限りませんが、少くともリスクを十分理解した上で少額資金から大きく稼ごうと考える人にとって望みを断念せざるを得ないことになるのが今回のレバレッジ規制です。

となると当然それらの投資家は海外口座に流れるのが目に見えてますが、一方で金融庁は海外証券会社に対して、クレジットカードからの入出金などに規制をかけています。こちらもまともに取引出来なくなる可能性は大いにあります。

いろんな考え方は出来るとは思いますが、結果としてお金持ちはさらにお金持ちに、お金のない人は永遠にお金を手にできない、という状況が強化される方向に動いてるのは間違いなさそうです。FXで夢をつかみたい人は急がれた方がいいでしょう。

 

 

 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

-昨日の振り返りと本日のトレード戦略, kalingonの「へぇ~!」理屈
-, , , , , ,

Copyright© kalingonの正しいFXのやり方と必勝法探し ~Second Season~ , 2018 AllRights Reserved.