アドセンス投稿記事上部

スポンサードリンク

 

お金って何?Part2

投稿日:

おはようございます。kalingonです。

前回は日銀の金融緩和が役に立たなかったことを書きましたが、何故そんな役に立たないことを政府がやったかというお話をするために、お金のことについてさらに踏み込んだお話をする必要があります。

 

お金は増えたり減ったりする

 

お金とは債務と債権の記録でああり、意味があるのはその情報であって紙や金属自体の「モノ」としての価値はお金の価値とは無関係です。

言われてみれば当たり前なのですが世界中の大多数の人がこのことを正しく認識できていません。

たしかに現金紙幣は紙というモノと紐づけされてますのでそう簡単には増えたり減ったりしません。私が1万円の買い物をしたら私の持っているお金は減りますがその1万円は買ったお店に渡るだけで世の中から消えてなくなったわけではありません。

このことがあるので多くの人が「お金はモノだ」と勘違いするのですが、実はお金は現金だけではありません。というか世の中のお金の大部分は銀行預金なのです。割合は1:9です。

で、銀行預金は単にデジタルデータという「情報」にすぎず、貸し借りをすることによって増減するのです。どういうことか。例えば田中さんがA銀行から100万円のお金を借りて車を買ったとします。その場合、銀行は1万円札100枚を田中さんに貸すわけではなくA銀行の田中さんの口座の残高を100万円増やすだけです。銀行はみんなが預けたお金を他の人に貸して利益を得ているというイメージがありますがそうではありません。なぜなら田中さんの口座の残高を100万円増やしたからと言ってほかの人の口座の残高が減るわけではないからです。

ということはA銀行の総預金額はこの時点で100万円増えたことになります。同時に社会全体の銀行預金というお金も100万円増えたことになります。もちろん田中さんは自動車の販売店にこのお金を自動車の代金として支払いますので口座からお金は出ていきますが、それは現金であれ振り込みであれ、また自動車販売店の銀行口座に一旦は入ります。それがA銀行の口座かもしれませんし他銀行の口座かもしれません。そこからまた自動車販売店の仕入先に行ったり従業員の給料として振り込まれたりしますが、回りまわってA銀行に預金として戻ってくるかもしれません。少なくとも社会の中から消えてなくなることはありません。

ところが田中さんがA銀行に借入金100万円を返済するとどうなるかと言いますと、田中さんのA銀行の(他銀行でも同じですが)口座の残高が100万円減らされ、銀行の持つ債権額も100万円減らされます。(ややこしくなるので今は利息のことは省略しています。)この時点でA銀行の預金額も社会全体のお金の量も100万円減ります。

つまり銀行がお金を貸すとお金の量は増え、返済されるとお金の量は減るのです。でもこれは当たり前なんです。なぜなら思い出してください。お金とは「債務と債権の記録」なんですから。

このように銀行は制限がないといくらでも預金と貸出額を増やすことができます。そのままだと社会に流通するお金が増えすぎて困る(極端なインフレになる)ことになりますので日銀当座預金と準備預金制度でお金の増減を管理しているわけです。(前回記事「金融緩和って何?」参照)

そして日銀が国債を買い取った代金としてこの日銀当座預金を増やすことで銀行がお金を貸しやすくすることはできても、お金の需要がなければ実際にお金は増えないということも前回書きましたが、これもお金が「モノ」ではなく「債務と債権の記録」であることを考えれば当たり前の話です。

 

国債発行の仕組み

 

それでは逆に政府が国債を発行する場合はどうなるのでしょうか。

政府は国債を発行してお金を借りますが、これは実は私たちの銀行預金から借りるわけではなくてここでも日銀当座預金から借りるのです。つまりA銀行が1億円分の国債を買った場合日銀当座預金が1億円減らされて政府の資産が1億円増えます。で、政府が国債を発行して調達したお金は必ず公共投資などに使われますので例えば建築会社などに支払われますが、その時日銀から直接振り込むのではなくて(日銀当座預金は日銀と金融機関、または金融機関同士の取引にしか使えない)、1億円の「政府小切手」というものが発行されそれで支払われます。

1億円の「政府小切手」をもらった建築会社はそのままでは使えないのでそれをA銀行に持って行くと1億円の銀行預金に変えてくれます。そうして初めて建築会社が使えるお金になるわけですが、銀行に渡った「政府小切手」はこんどは銀行が政府に渡して引き換えに日銀当座預金を1億円増やしてもらいます。

結局、日銀当座預金は元に戻ってきてしまうんですね。もっともA銀行に戻ってくるとは限りませんが日銀当座預金の全体の額は変わらないわけです。この国債発行のプロセスの結果、変わったのは国債の発行額が増えたことと建築会社の銀行預金が増えたことです。ここで大事なことはこの銀行預金は実際に政府がお金を建築会社からモノやサービスを購入したお金なので需要と消費が増えたということになります。

なのでこのプロセスは日銀の国債買取とは逆に、確実にデフレからインフレに向かわせる効果があります。ではなぜ政府はそれをしなかったのか?その話をするためにはもう少し予備知識のお話をする必要があります。

 

お金の種類

 

ここでお金の種類を整理しておきます。社会全体でお金(貨幣)を考えるとき三種類の見方があります。

(1)マネタリーベース
現金紙幣、硬貨と日銀当座預金の合計です。

(2)マネーストック
政府、金融機関(中央銀行含む)を除く経済主体(一般企業、家計、NPOなど)が保有する現金、預金の合計。

(3)名目GDP
モノやサービスの購入額の合計。

 

もう一度復習ですが、黒田日銀がやった金融緩和は(1)のマネタリーベースを増やすことでしたが、これだけでは実際にお金(債務と債権の記録)を増やすことはできませんでした。しかし政府が国債を発行して財政出動すればモノやサービスが購入されるわけですから(2)のマネーストックが増え(例えば建設会社の1億円)結果(3)が増えますのでデフレは解消する方向に向かいます。

 

お金の担保

 

さてお金とは「債務と債権の記録」ですが他にもお金の定義はいくつかあります。それは
(1)単位があること
(2)譲渡性があること
(3)担保(根拠)があること
です。

銀行が貸し出すお金の担保は日銀当座預金ですし、個人(企業)が発行する小切手の担保はその人(企業)の銀行預金ですし、約束手形の担保はその人(企業)の信用です。

では国債の担保は何でしょう?国債もお金の1種なので担保(根拠)があります。学者によってはこれは日本国民の貯蓄だと言いますがそれは正確ではありません。国債は国民の貯蓄を借りているのではなく日銀当座預金を借りているからです。

では国債は無制限に発行してもいいのでしょうか?そうではありません。国債を発行して需要や消費を増やし続ければいずれは需要が供給を追い越しすぎて過度なインフレになります。これはさすがにまずいですね。

しかし逆に言いますと、少なくともデフレの間は需要が不足しているわけですから国債を発行し続けても何の問題もないわけです。ということは国債の担保(根拠)は日本国民の供給力(モノやサービスを生産する力)だということができます。

さてそれでは安倍政権はなぜこの国債の発行による財政出動をしなかったのか、結局デフレを脱出しなかったこの4年間は一体何だったのかを次回から書いていきたいと思います。

 

 

 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

アドセンス投稿記事下部

 

スポンサードリンク




-よくわかる経済のお話し
-, , , , , ,

Copyright© kalingonのFXで稼ぐ聖杯探し ~Second Season~ , 2017 AllRights Reserved.