アドセンス投稿記事上部

スポンサードリンク

 

金融緩和って何?

投稿日:

おはようございます。kalingonです。

さて、今回は金融緩和のお話です。だんだん難しくなってきます。

黒田日銀総裁は就任以来、度重なる金融緩和を行ってきました。「黒田バズーカ」なんてよく言われましたよね。あれは具体的には何をやったのでしょうか。

市中の銀行から国債を買い取るという形で円を発行したわけですが、実際に1万円札を印刷して国債と引き換えたわけではありません。

国債の代金は各銀行の「日銀当座預金」の残高を増やすことによって支払っているのです。

ちなみにこの国債買取によっていわゆる「国の借金」は激減したわけですが日銀の目的は借金の減額ではなく「金融緩和」でした。

 

日銀当座預金

 

ではこの日銀当座預金とはいったい何でしょう?

市中の銀行は預金を企業や個人に貸し出して利益を得ていますが、貸し出されたお金は一旦はどこかの会社に支払われたりして使われますが回りまわって必ずどこかの銀行に戻ってきます。つまりお金は循環するのでそのままでは無限に貸し出すことができてしまうのです。

それではまずいので、銀行は受け入れる預金金額のうち特定の割合の金額を日銀当座預金として日銀に預けておかなくてはいけないという制度があります。この特定の割合を預金準備率といいます。

そしてこの預金準備率を上げ下げすることによって銀行がどれだけ預金を保有して貸出できるかを調節できるのです。また預金準備率が同じでも日銀当座預金の額面が変われば、銀行が保有できる預金の上限が変わります。

「金融緩和」とは文字通り金融を緩和するわけですが、この預金準備率を引き下げるか、または日銀当座預金の額を増やすことで銀行に「たくさん貸し出してもいいですよ」ということにするわけです。逆に預金準備率を引き上げるかまたは日銀当座預金の額を減らせば、「これ以上は貸出してはいけません」とやることで「金融引締め」ができるわけです。

現金とこの日銀当座預金の合計をマネタリーベースと言いますがこれが市中に出回るお金(マネーストック)の元になりますのでこれを調整することによってお金の量を調整しようというわけです。

 

効かない金融緩和

 

インフレが行きすぎそうになった時に「金融引締め」で貸出できる量(マネタリーベース)を減らしてやると市中に出回るお金の量(マネーストック)も減り、デフレの時は逆に「金融緩和」でマネタリーベースを増やしてやるとマネーストックも増えるというわけです。

なんでこんな持って回ったことをするかと言いますと、お金の量を調整すると言っても、実際現金を大量に(何百兆円も)印刷してもそれをいかにして市中に流すかという問題があります。現金何百兆円なんて保管するだけで体育館ぐらいの大きさの金庫がいくつもいりますのでたいへんです。なので日銀当座預金を増やすわけです。こちらはデジタルデータ上で数字を変えるだけですので30秒で完了します。(笑)

ところが、2013年の黒田日銀発足以来度重なる金融緩和にもかかわらずインフレ率は改善しませんでした。最初0.5%だったインフレ率は一旦は上昇しかけたのですが消費税増税とともにまた下がり始め結局もとの0.5%に戻ってしまいました。

何故こんなことになったのでしょう?

これはこうして金融緩和の仕組みを考えてみるとむしろ当たり前のことなんです。

高度経済成長の末のバブル経済の時は、何でもいいからとにかく銀行でお金を借りて投資をすればほぼ確実に儲かりました。銀行もほとんど何の保証もない個人にでもお金を貸す時代でした。マネーストックが異常に拡大してしまってたのです。当然インフレ率も大きく上昇しますので金融引締めが行われました。

銀行が法律で「これ以上お金を貸してはだめです」と言われるわけで、水道の蛇口を締めるようなものですから当然お金の量は制限されてマネーストックは縮小します。インフレは抑制されるわけです。

しかし逆に今デフレの時に「お金をたくさん貸し出していいですよ」と言われたからといって、貸出量がふえるとは限らないのです。経営者や自営業の方にはよくわかっていただけると思うのですが、「借りてもいいよ、低金利で貸しますよ」と言われたところでお金を借りる必要がないのに誰がお金借りますか?

企業がお金を借りて設備投資や事業展開するのは、その投資を回収できる可能性が十分高いときだけです。簡単に言えば、「投資しても儲からないってわかっているのに誰が金借りるねん」って話です。

FXで根拠のないところでエントリーするのと同じことです。スプレッド低いからエントリーしないと損や、っと言って根拠のないところで入りますか? まともなトレーダーではそれはないでしょう。

バブル経済のころはみんなが根拠がなくても投資してほとんどの場合実際に結構な利益を得ることができました。アベノミクスなどでとにかく買いエントリーしときゃ利益が出たのと似ています。でも今これほどのデフレ経済の中でいくら金利が安かったとしてもお金借りる経営者はいないのです。

いくらマネタリーベースを増やして「たくさん貸し出してもいいよ」と言っても実際に企業や個人が借りないとお金は市中に出回らない。強制的に貸し付けるわけにはいかないのです。蛇口を締めれば水の流れは確実に止まりますが、蛇口を開けても水圧が弱ければ水はほとんど流れないのです。

黒田さんや政府ご用達の経済学者はこんなこともわからなかったのでしょうか? 驚きですが実際このことを理解していない国会議員もたくさんおられますが、話はさすがにそう単純ではないようです。

まだまだこのお話は続きます。。。

 
 
 

AFFINGER4広告

稼ぐサイトの設計図-AFFINGER4公式ガイド

アドセンス投稿記事下部

 

スポンサードリンク




-よくわかる経済のお話し
-, , , , ,

Copyright© kalingonのFXで稼ぐ聖杯探し ~Second Season~ , 2017 AllRights Reserved.